きたみ 自然

【2018年1月31日】北見市で見れたスーパーブルーブラッドムーン

投稿日:

2018年1月31日...約3年振りの皆既月食が日本各地で見られました。

そして、3つの現象が重ならないと起こらない「スーパーブルーブラッドムーン」も出現!
日本では、35年振りに見られた光景なのだそうです♪

この日の北海道北見市では、雲もなく綺麗な夜空が広がっていて、観察にはとても良い条件でした(^^)

スポンサーリンク

北見市から見れた2018年1月31日の皆既月食の様子

20時頃から、15分置きに外に出て写真を撮ってみました。
こちらは、まだ月が欠ける前。

▲20:13の月

20時45分には、うっすらと欠けてきました。

▲20:46の月

それから30分後の21:15には、約半分の状態に♪

▲21:15の月

21:30を過ぎると、ほとんどが覆われ・・

▲21:33の月

月の光がみるみる消えていき、飲み込まれていきます。

▲21:42の月

そして、全ての月の光が隠れた瞬間、赤銅(しゃくどう)色の月に変わりました。

▲21:57の月

欠けていく様子も幻想的でしたが、少しダークな赤色に染まった月もとても綺麗です。

実物は、写真よりももっと赤かったように思います。
覆われる前の月よりも明るさはないので、我が家の望遠カメラでは、ここまでが限界というのが悔しい(=ω=。)

スポンサーリンク

皆既月食とスーパーブルーブラッドムーンについて

皆既月食は、太陽と地球・月が一直線となり、地球の影に月が隠れることで月が欠けてみえる現象ですが、「スーパーブルーブラッドムーン」とは?
ちょっと気になって調べてみました。

すると、3つの現象が合わさった珍しい光景ということが判明♪

  1. スーパームーン【地球と月の距離が近くなって月が大きく見える状態】
  2. ブルームーン【1ヶ月のうち2回目となる満月】
  3. ブラッドムーン【月が赤く見える状態】

▲22:16の月

赤く見えたのは、地球の大気の関係で、赤い光だけが屈折し月に届くためなのだそうです♪

この日の北見市は、22:00で気温マイナス16度。

0時を過ぎ、月が元の状態に戻る頃には、もっと冷え込んでいました。

わたし達のカメラでは星まで写せませんでしたが、気温が低く澄んだ空気の北見市の空では、信じられないくらい綺麗な星を眺めることができます。

冬だけでなく、夏に初めて北見市で見た「天の川」にも、とても感動しました。

今回は、星空を撮れず残念でしたので、代わりに北見市街地を一望できる場所で♪

今後も素敵な自然現象をカメラに収められたら、ブログに残していこうと思います(^^)

-きたみ, 自然

Copyright© きたみいろ , 2018 AllRights Reserved.