きたみ 公共施設

[北見]「中央図書館」は利用できる設備がすごかった!

更新日:

大好きな場所、北見中央図書館

先日、館内について詳しく教えていただき、写真を撮らせていただきました。

そしたら、今まで知らなかったことがたくさん・・。
設備の充実さに驚きました(」゚ロ゚)」

市民の特権である図書館。
わたしも大いに活用させていただきたいし、皆さんにもフル活用していただきたいです。

なので、今回は中央図書館の設備について、お届けします(^^)

(※館内は許可をいただき写真撮影しております。通常は撮影できませんので、ご注意ください)

スポンサーリンク

まずは1階フロアから、ご紹介していきますね(^^)

エントランスホールには、

  • 飲食販売スペース
  • 多目的視聴覚室

1階フロアには、

  • くらしのコーナー
  • ユニバーサルコーナー
  • 児童書コーナー
  • 新聞・雑誌コーナー
  • 文学コーナー
  • 視聴覚コーナー
  • 本の除菌エリア

があります。

他にも「お!これは!」という設備もありましたので、1つずつ、どんな感じか写真と共にご紹介していきますね♪

エントランスホール

飲食販売スペース

図書館は、駅の南ロータリー側からと、泉町地下歩道側の2箇所から入ることができます。

エントランスは、このようにガラス張りで、かなり開放感があります。

このスペースでは、飲食が可能♪

Cafe URARA(うらら)というお店もあるので、お腹が空いても安心です。

ちなみにこのお店は、北見の「カレーのちから」さんのカフェなのだそうですよ(^^)
まだ行ったことがないので、そちらのカレー屋さんにも行ってみたい♪

メニューは、エッグベネディクトやパンケーキ、オムライスやカレーなど・・
種類豊富でした。

チーズケーキなどのスイーツや、ドリンクメニューも美味しそうです。

多目的視聴覚室

さらに、エントランスホールには、色々なイベントで使用される多目的視聴覚室もありました。

勉強会などでも利用されているようですね。
こちらは、利用の際に申し込みが必要なのだそうです。

1階フロア

では、いよいよ館内へ♪
1階フロアを覗いていきましょう(*´∇`*)

くらしのコーナー

入り口を入って、すぐ右側には「くらしのコーナー」があります。
料理・裁縫・インテリアなどの暮らしに関する本が揃っていますよ♪

ユニバーサルコーナー

こちらは、視覚障がいのある方へ大活字本や拡大鏡(ルーペ)が用意されているエリアです。

▲大きな活字の本と拡大鏡(ルーペ)

このテーブルの向かいには対面朗読室もあり、スタッフの方に声を掛ければ、いつでも対応可とのことでした(^^)

児童書コーナー

こちらは、絵本や児童書、調べ学習の本などの子供の本が揃っているエリアです。

スタッフさんのいるカウンターの横には、小さなお子さんが本を読めるスペースがあり、スタッフの方もお子さんの様子を見れるようになっていました。

さらに、授乳室も近くにあり、これがすごかった!
中にモニターがあって、先ほどのスペースにいるお子さんの様子が見れるようになっているんです。

▲個室にもモニター完備

スタッフの方に声をかければ、お子さんがスペースから出ていかないか?といったぐらいならば、見ていてくれるそうなので、お母さんは安心して授乳ができますね(^^)

さらに、可愛かったのは、この椅子!!

ふわふわの尻尾が付いた動物さん仕様です。

な・・なんて可愛いんでしょう(=´▽`=)

これだけで、子供は大はしゃぎなのでは?(笑)

また、このコーナーには学習室や・・

イベントで使われるお話のスペース。

外を眺めながら本が読める1人掛けのテーブルや、付き添いの方と一緒に座れるテーブルもありました。

また、こんなに大きな本のコーナーも!

運ぶのは大変ですが、こちらも借りることができるそうです(^_^)

新聞・雑誌コーナー

そして、「種類が多いな~。」と最初はびっくりして、いつも利用させていただいている雑誌。

こちらはスポンサーを募って、どんどん増えてきたそうです。

なんと、現在約140種類!
読める雑誌が豊富なのは、とっても嬉しいですよね(^^)

最新号は借りられず、館内で読まなければなりませんが、予約することは可能でした♪

「この雑誌はあるかな?」と気になる方は、総合カウンターに、持ち出し可能の所蔵雑誌一覧書がありますので、チェックしてみてくださいね。

また、写真は控えさせていただきましたが、新聞もあります。
近くには、読みやすい傾斜の付いた専用テーブルもありました(^_^)

文学コーナー

奥へ進むと、日本や海外の文学作品、エッセイ、文庫本などのコーナーが♪

翻訳者が違う本も楽しむことができます。

このコーナーに置いてあるスツールが、おしゃれでした。

奥にある椅子も、雰囲気あって素敵。

さらに線路側には、電車を眺められる1人掛けのテーブル席があります。

この場所、わたしも大好きでよく利用させていただいてます。

電車を見てたら、乗っている人と目が合ってしまったなんてことも、しばしば・・(笑)

視聴覚コーナー

こちらは、利用の際に申し込みが必要なのですが、DVDや音楽が楽しめます。

映画やドキュメンタリーなど、いろいろな種類が用意されていました。

なんと音楽は、クラシックなどを中心に100万曲以上を楽しめるのだそう。
宮城道雄の演奏や、戦時中のラジオ音源も聴くことも出来るんです。

2人掛けのスペースもあるので、お友達と一緒に利用できるのもいいですね♪

本の除菌エリア

このスペース、わたしは全然気付かなかったのですが、エレベーター前にあります。

本の除菌コーナー。

今、こんな機械もあるんですねぇ。
次回から使ってみようと思いました♪

スポンサーリンク

2階フロア

さぁ、では今度は2階フロアを覗いていきましょう。

2階フロアには、

  • 郷土資料・地域行政資料コーナー
  • 文学館コーナー
  • 学習室
  • PCコーナー
  • 実用書コーナー
  • 生涯学習コーナー
  • マイクロリーダー
  • ソファースペース

があります。

郷土資料・地域行政資料コーナー

このコーナーには、北見・北海道の資料が多数、並んでいます。

古い山の水族館のパンフレットもありました。

さらに、郷土新刊図書コーナーも設置されていましたよ♪

文学館コーナー

文学館コーナーには、郷土作家の展示が行われています。

なんと1000点余りを入れ替えながら、展示されているそうです。

学習室

反対側にある学習室。
こちらも、とても開放的なスペースでした。

学習室の外には、児童コーナーと同じように1人掛けのテーブル、4人掛けのテーブルも設置されています。

学習室の隣にある青少年コーナーは、中高生が気軽に利用できるスペースとして設けられているそうです。

PCコーナー

そして、そのお隣にはPCコーナーが♪

使う前に申し込みが必要で、使用時間は30分でした。
カウンターへ行けば、延長が可能な場合もあるみたいですね(^^)

Wi-Fiも完備されているから、スマホや自分のパソコンも使えます。
使用できる時間は短いけれど、調べたいことがあるときには便利ですね♪

実用書コーナー

日常生活に役立つ医療や旅行・政治経済・ビジネス書などは、このエリアにあります。

近くには資料探索機もあり探しやすいだけでなく、2階でも随所にカウンターがあるので、スタッフの方に気軽に声をかけることができます。

生涯学習コーナー

また、2階にはこういった小さな学習室がありました。

利用する前に申し込みが必要ですが、例えば家族で喋りながら資料を見たいとき等にも利用できるとの事(^^)
『子供の声が心配・・』なんてときにも、活用できそうですね♪

マイクロリーダー

さらに、そのお隣にはマイクロリーダーがありました。

これを使えば、古くて読みにくい新聞記事も、閲覧可能になるのだそうです.
図書館、進化してますね~。

お金はかかるけれど、印刷もできるそうですよ(^^)

ソファースペース

2階にきたら、のんびり本が読めるスペースがここ♪

あいにくこの日は曇り空でしたが、開放感あるソファスペースで、リラックスしながら読書を楽しむことができます(*´∇`*)

靴を脱いで、リラックスされている方も、ちらほら♪
隣にソファーが並んでいるけれど、窓が大きいからか、隣はあまり気にならずに過ごせると個人的には感じています。

便利なカートと図書通帳もあるよ!

重い本を抱えずに済むカート

本は最大20冊まで貸し出し可能なのですが、図書館には探すときに便利なカートが1階と2階に用意されています。

これで、重たい本を持ち歩かず、本を探すことができます。

カートはこのように、本を広げられるようにもなっているので、便利です。

エレベータを使って、1階と2階を行き来しながら、ゆっくり探すことができますね(^^)

図書通帳

それから、便利といえばもう1つ。
図書通帳を作ることができます。

  • 『全て読めなかったけど、返却日がきてしまった』
  • 『もう1度、あのときの本が読みたいなぁ』

なんてときに、わたしはこの通帳をみて、また時間のあるときに借りてみたり・・
自分の読書ジャンルの偏りなんかも分かって、普段読まない本に触れるきっかけにもなっています。

図書通帳は、総合カウンターで申し込めば、すぐに作ってくれますよ♪

記帳の方法

記帳も簡単(^_^)
1階の総合カウンター前にある、貸出履歴機を使います。

最初の登録時は、スタッフの方が丁寧に教えてくれるので安心です。

記帳は、この画面通り「記帳ボタン」を押して・・

図書館カードのバーコードをピッとかざすと、自分の名前が出てきます。
確認して「OKボタン」を押しましょう。

通帳の記帳対象ページを開き、挿入すると、記帳が始まります。

銀行のように、次ページへ自動で記帳はできないので、ページをまたぐときは、ページを変えてもう1度挿入が必要ですが、本を借りる楽しみが増えますね(*´∇`*)

マイページを活用すれば、いつでも本が探せて予約ができる♪

さらに、インターネットを活用すれば、いつでも本が探せて、予約ができます。

受け取る図書館も選択できますので、すごく便利ですよ♪
詳しくは、こちらのページにまとめてみましたので、気になる方は覗いてみてください(^^)
[北見]図書館活用術その①「マイページを活用しよう」

電子書籍なら順番を待たずに読める♪

それから、電子書籍サービスもあるんです。
始まっていることは知っていたのですが、まだ登録していなかったので早速登録してみました。

そちらも、さらっとどんなものか見れるように、こちらのページにまとめてみましたので、よろしければどうぞ♪
[北見]図書館活用術その②「電子書籍を活用しよう」

今回は、北見中央図書館について、まとめてみました(^^)

今まで知らなかった(気付けなかった)設備が結構あって、驚いたと共に・・
大いに活用していきたいと強く思いました。

中央図書館では、月に1~2回、子供・大人向けの上映会や朗読会といったイベントも開催されています。

ぜひ皆さんも、ご自身のライフスタイルに合わせて、活用されてみてくださいね♪

北見市中央図書館についての詳細

住所

北海道北見市泉町1−2−21

電話番号

0157-23-2074

開館時間

火曜~金曜:9:30~20:00
土曜・日曜・祝日:9:30~18:00

休館日

月曜日、他

こちらのHPでご確認ください。
北見中央図書館公式ページ[カレンダー]

また、館内にはこういった持ち出し可能のミニカレンダーも用意されてます。

休館日が載っているので、手元に置いておかれると便利ですよ(^^)

-きたみ, 公共施設

Copyright© きたみいろ , 2018 AllRights Reserved.