きたみ イベント

「第48回北見冬まつり(2018)」に行ってきました

投稿日:

北見 厳寒の焼き肉まつりを楽しんだ翌日。
駅南多目的広場で行われた、「北見 冬まつり」に行ってきました(^^)

こちらのお祭りも初めてだったのですが、市民雪像や氷彫刻が見られたり、近くでは雪合戦大会や「オホーツクウッドクラフトフェスティバル」というイベントも行われており、たくさんの人で賑わっていました。

個人的には出店だけでなく、七輪での焼き肉も、冬まつりで楽しめたのは嬉しかった♪

ステージも用意され、時間帯によっては数量限定で無料サービスのドリンクや軽食も配布されるので、来年参加されるときは事前にタイムスケジュールをチェックされてからのお出掛けがおススメです(^^)

今回は、「第48回北見冬まつり(2018)」の様子をお届けします。

スポンサーリンク

「北見 冬まつり」の氷彫刻・市民雪像と雪山の滑り台

2018年に行われた「第48回北見冬まつり」は、2月3日(土)と4日(日)の2日間にかけて行われました。
北見芸術文化ホール前が会場です。

到着すると、市民雪像や氷彫刻が並んでいました♪

見ているだけで、なんだかひんやりとする氷でできた椅子や・・

躍動感のある鹿に、虎と蛇が戦っている彫刻。

他にも侍の彫刻などがありました。
太陽に照らされて、細かく表現された彫刻はとても綺麗です(^^)

さらに、市民雪像ゾーンではトトロやスポンジボブ、ミニオンなどが並んでいましたよ♪

他にも会場には、大きな雪山のすべり台も造られていて、楽しそうな声が聞こえてきました。

こういうお祭りが楽しめるのは、やっぱり雪国ならではですよね♪

スポンサーリンク

出店や焼き肉も楽しめる♪

会場には、出店も数店舗出ていました(^^)

北見のご当地グルメ「塩やきそば」も販売されていましたよ。

車の中で食べたので、写真を撮るのを忘れてしまいましたが、北見産のたまねぎと大きなオホーツク産のホタテがゴロゴロと入っていて、さっぱり食べられる塩味の麺が美味しかったです♪

さらに、会場では七輪で焼き肉が食べられるコーナーもありました!

夫は厳寒の焼き肉まつりに参加できなかったので、これは嬉しい(^^)

牛サガリと豚ホルモンがセットとなり、こちらで1000円でした。

タレと塩コショウも付いてきます。(こちらは終わったら返却)

席に着いたら、熱々の七輪が運ばれてきて、焼き肉を楽しみました。

夜に行われた「厳寒の焼き肉まつり」のときとは、火力が違う気がします(笑)
すぐ焼けました♪

やっぱり外で食べる七輪での焼き肉っていいですね(^^)
いつか自宅のお庭でやりたいです♪

近くでは北見雪合戦大会やオホーツクウッドクラフトフェスティバルも開催

会場の傍では「第20回北見雪合戦大会」も行われていました。

初めて見るルールありきのスポーツ雪合戦♪
見ていたら目が離せなくなり、しばらく見学していました(^^)

コートの近くでは、子供たちが道具を使って雪玉を作っており、そちらにも目が釘付け(笑)

珍しさもあったのだけど、雪玉を作る手際の良さに感心しました(*´∇`*)

さらに、オホーツク木のプラザでは、「オホーツクウッドクラフトフェスティバル」も同期間、開催!

こちらは今年(2018年)で2回目のようで、木工品の販売だけでなく、箸作りやマガジンラック作りの体験も行われたようです♪

ステージイベントもあるので事前にタイムスケジュールを確認されるのがオススメ

わたし達が滞在していたのは1時間半程で写真はここまでですが、他にもステージイベントがあったり、もち&キャンディーまきがあったりと、お楽しみポイントはまだまだあったようです(^^)

▲2018年のタイムスケジュールはこちら

事前にタイムスケジュールを確認せずに向かってしまいましたが、時間帯によっては数量限定で無料サービスのドリンクや軽食も配布されるので、来年行くときはチェックしようと思ってます(笑)

北見市のキャラクターが出てきたり、スタンプラリーも今年は行われたようなので、ぜひ北見の冬まつりに興味をもたれたら、タイムスケジュールも確認されてみてくださいね♪

2018年に行われた「第48回北見冬まつり」の様子をご紹介しました。

北見 厳寒焼き肉まつりの後、2日間にかけて開催されたこのお祭り。
この時期、観光で北見に来られた方も楽しんでもらえたらと思います♪

冬の夜の寒さは耐えられなくても、昼間で風がなければそこまで寒くなく、外焼き肉もアリですよ(^^)

ぜひ来年、ご興味があれば北見の冬まつりにもいらしてみてください♪

-きたみ, イベント

Copyright© きたみいろ , 2018 AllRights Reserved.